←参加企業一覧へ戻る

ジーン・ステム株式会社

企業名 ジーン・ステム株式会社
代表者 代表取締役 小林孝次 設立年月日 2011年1月11日
住所 530-0001
大阪府大阪市北区梅田1丁目1番3-267(大阪駅前第3ビル2F)
資本金 従業員数 5 名
TEL 06-6875-7227 FAX
URL

http://www.genestem.co.jp/

企業概要(キャッチフレーズ)

大阪大学高倉伸幸教授の科学技術を活用し社会貢献いたします。

参加者情報
参加分野

●創薬関連・診断・検査試薬分野  ●機能性食品・化粧品分野 

売りたい商品・技術・サービス等 食用植物のエキスからなる「がん」の発症・再発抑制素材を提供!
商品・技術・事業の概要 商品1:がん幹細胞の休眠や分裂死を誘導するがんの発症・再発予防素材の共同開発
技術・用途:従来、がん組織のがん細胞は生化学的に単一であると考えられてきた。しかし、近年、がんも正常組織の幹細胞システムと同様、がん幹細胞が、がん細胞を産生し続けていることが判明してきた。しかもこのようながん幹細胞は化学療法や放射線療法に抵抗性を示し、治療中でも浸潤や転移を生じさせる細胞源となっている。弊社は、がん幹細胞に発現するターゲット分子を設定し、その分子に対し抑制効果を示す植物エキスを見出し、マウスでの in vivo 効果を確認した。本エキスを含有する商品は、がん幹細胞に対して休眠や分裂死を誘導することにより、がんの発症・再発を抑制する用途で用いることができます。

商品2:体外診断薬の共同開発
技術・用途:PSF1の発現とがん悪性度の間には相関性が観察されています。PSF1のモノクローナル抗体を、術後のがん患者さんの「がん再発」の可能性を診断する体外診断薬として共同開発することを希望しています。
商品・技術の写真やデータ
肺癌転移モデルでの有効性
植物三倍散

こんな企業とマッチングを行いたい! 健食メーカー、健食原料メーカー、体外診断薬メーカー
売りたい企業選択欄
    ●技術導出
    ●共同研究開発
安全性確認状況 商品1:
食経験のある植物由来素材。
ラット単回急性毒性試験(2000mg/kg、経口投与):死亡例はなく、毒性を示唆する症状や剖検所見はなし。
Ames試験(max 5000µg/plate):陰性(細菌に対する遺伝子突然変異誘発能なし)。
重金属:ヒ素0.2ppm以下、鉛0.55ppm以下、カドミウム0.03ppm以下、総水銀0.01ppm以下。
残留農薬280項目:1種においてクロラントラニリプロール 0.03 ppm以下、その他はすべて検出せず。
効果・効能 商品1:
PSF1遺伝子発現抑制効果:確認済。
経口摂取によるマウスがん発症モデルでの効果:がん発症抑制効果及びがんの縮小効果を確認済。

商品2:
PSF1、PSF3、SLD5の各モノクロナル抗体を、イワキ株式会社より研究試薬として販売しています。
企業プレゼン

行う

展示会出展

行う

←参加企業一覧へ戻る